TOPICS

ひきこもりシニア 新着記事

1件〜50件

  • わからない

    う~ん、わからない。これは一体どういうことなのだろう。「北朝鮮の金星国連大使や池在竜駐中国大使が18日、一斉に帰国した。外交方針について説明を受けるとみられる。金正恩朝鮮労働党委員長は中国やロシアと連携を強化しながら、核問題を巡る対米交渉に持久戦で臨む構え。『新たな戦略兵器』も予告しており、新型ミサイル発射や『軍事衛星』打ち上げも取り沙汰されている。」(共同1月18日配信)トランプ米大統領がイランのソレイマニ司令官を殺害したことは、まだ記憶に新しい。無人機を使った空爆によるものだというが、この報を聞いて、北朝鮮の金正恩委員長は震え上がったに違いない、という観測がある。かなり前から取り沙汰されている「斬首作戦」を、トランプ大統領はいよいよ実行に移すのではないか、と予想されるからである。だが、そうであるとしたら、大...わからない

    ささやんの天邪鬼 座右の迷言

    ささやんの天邪鬼 座右の迷言

    読者になる
  • 新人賞その後 芸と身の考察

    毎朝、NHKの朝ドラ「スカーレット」を見ている。特に面白いというわけではないが、惰性でか、朝食をとりながら見ている。ちょうど毎朝、新聞をひろげるのと同じ感覚だろうか。哲学者ヘーゲルは「朝起きて新聞を読むのは、朝の祈りのようなものだ」と言ったとか。新聞に加えて、NHKの朝ドラを見るのが、一日を始める私のルーティン・ワークになって久しい。きょうの朝ドラは、ヒロインの喜美子が、応募していた陶芸展「次世代展」の、その選考結果の連絡を受ける場面だった。この「次世代展」は、陶芸家への登竜門のようなもので、文芸の世界でいえば、新人賞のような性格を持っているのだろう。落選の知らせを受けても、少しも落胆しない喜美子の姿が印象的だった。このシーンを見ながら、私は自分の青春時代を思い出していた。大学を卒業してしばらくの間、私は小説家...新人賞その後芸と身の考察

    ささやんの天邪鬼 座右の迷言

    ささやんの天邪鬼 座右の迷言

    読者になる
  • 国家問題としての環境問題

    環境問題は単に環境だけの問題ではなく、(国家の行く末をも左右しかねない)大きな経済問題であり、その意味で、これは国をあげての対応を要する喫緊の国家的問題である。環境問題への取り組みは、ひとり環境省の専管事項ではなく、財務省、経産省が共に連携して考えなければならない問題だということである。それだけ私も長生きしたということなのだろう。私の子供のころには考えられなかったことだが、自然災害は(大げさに言えば)地球規模の問題に、(控えめに言えば)日本国土規模の問題にまで増大してしまったのだ。そんなことを思ったのは、次のニュースを聞いたときである。「今年度(令和元年度)、災害廃棄物の処理にかかる費用は国の補助金だけで620億円を超える見込みとなりました。甚大な被害が出た台風19号など各地で災害が相次いだことから、東日本大震...国家問題としての環境問題

    ささやんの天邪鬼 座右の迷言

    ささやんの天邪鬼 座右の迷言

    読者になる