searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

老後を生きる THEME

help
老後を生きる
テーマ名
老後を生きる
テーマの詳細
喜ばれもせず、悲しまれもせず、風のように消えたい
テーマ投稿数
1,154件
参加メンバー
63人
管理人
こうま大輔管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「老後を生きる」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「老後を生きる シニア日記ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

老後を生きるの記事

1件〜50件

  • 曹渓慧能
    2020/03/27 07:23
    曹渓慧能

    懐讓禅師の師は六祖慧能禅師。 弟子の南嶽懐譲から臨済宗、青原行思から曹洞宗など、後の五家七宗全てが六祖の門から出る。 慧能禅師の説法集『六祖壇経』は、おれが見た禅書のなかでいちばんおもしろかった。 本来無一物(ほんらいむいちもつ) この言葉をきっちりと受

    呼吸

    哲学日記

  • 南岳懐讓
    2020/03/27 07:23
    南岳懐讓

    馬祖禅師の師は南岳懐讓禅師 説似一物即不中(せつじいちもつそくふちゅう)  悟りの世界を言語で言い当てることは原理的に不可能、という意味だと思います。  (過去記事ショーペンハウアー編修1より関係部分を引用します) 概念で表わせないことを、直に言語化する

    呼吸

    哲学日記

  • 馬祖道一
    2020/03/27 07:23
    馬祖道一

    百丈禅師の師は馬祖道一禅師。 平常心是道(びょうじょうしんこれどう) で有名な人。   (フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』より引用)迷いに対して悟りを説くのに、本より迷いが存在しないのならば、悟りも立てようがないではないか。一切の生きと

    呼吸

    哲学日記

  • 百丈懐海
    2020/03/24 00:58
    百丈懐海

    臨済禅師の師が黄檗禅師、黄檗禅師の師は百丈懐海禅師 (これからちょっと系統をさかのぼってみようかと思ってます) 禅院の生活規則 「百丈清規」 を作った人。 「一日作さざれば一日食らわず」 「働かざる者食うべからず」という意味ではありません。 しかし、釈尊は

    呼吸

    哲学日記

  • 黄檗希運
    2020/03/24 00:58
    黄檗希運

    臨済禅師を出したので、師匠の黄檗希運禅師も  「念を息(そく)し慮(りょ)を忘ずれば佛自(おのづか)ら現前(げんぜん)す」 「我すらなお不可得(ふかとく)なり、我にあらざるもの何ぞ可得ならむ、佛と衆生と皆不可得なり」 「三乗十二分教(さんじょうじゅうにぶんきょう)を

    呼吸

    哲学日記

  • 自信の塊 臨済宗
    2020/03/24 00:58
    自信の塊 臨済宗

    たまたま信心おこせども、自心仏と知らざれば、ただ徒らに狂奔し、かくも尊き仏法を耳にしつつも、一向に信心帰依の心なく、生死の海に浮沈して、三毒五欲の妄念と憎愛取捨の迷執に、日夜造業造作して、永劫出離の際もなし。悲しいかな、われら一念に悟れば直にこれ仏とな

    呼吸

    哲学日記

  • めざせ!在家の出家!
    2020/03/24 00:58
    めざせ!在家の出家!

    (禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編)より引用します。  常識、常識と言うが、何を言うのかと思えば、人並みの考えのことを言っている。 もっと言えばグループ呆(ぼ)けの考えのことを言っておるにすぎぬ。  今の坊さんのは出家ではない。ワラ小屋から瓦小屋に

    呼吸

    哲学日記

  • 映画「アバウト・タイム」これはヴィパッサナー実践の勧め
    2020/03/24 00:58
    映画「アバウト・タイム」これはヴィパッサナー実践の勧め

    (Wikipedia)『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』[ストーリー]より抜粋引用ティム・レイクはイギリスのコーンウォールに住む若い青年である。21才になった時、父から一族の男にはタイムトラベルの能力があると告げられる。……父は毎日を二度過ごせと言う。最初

    呼吸

    哲学日記

  • 歩け、走るな
    2020/03/24 00:58
    歩け、走るな

    たいがい人間のやることは、べつにはっきりした人生観があってやっているのではない。ただ肩の凝った時にトクホン貼ってみるぐらいの、まにあわせの人生観でやっているのでしかない。 (澤木興道老師)      論議はこれ智者の有なり。 更に愚人の分にあらず。 ま

    呼吸

    哲学日記

  • 聖書の言葉
    2020/03/22 00:33
    聖書の言葉

    聖書の言葉を少しだけ 心を尽くして知恵に近づき、 力を尽くして知恵の道を歩み続けよ。 足跡を追って、知恵を探せ。 そうすれば、知恵が見つかるだろう。 しっかりつかんだら、それを手放すな。 ついには、知恵に憩いを見いだし、 知恵は、お前にとって、喜びに変わるだろ

    呼吸

    哲学日記

  • まず有縁を
    2020/03/22 00:33
    まず有縁を

    親鸞は、父母への孝養のためと考えて、追善供養の念仏を称えたことは、まだ一度もない。……すみやかに浄土に生まれてさとりを開いたならば、…なにをおいてもまず自分と縁の深い人々を救うことができよう (歎異抄5石田瑞麿 現代語訳)  原文全 親鸞は父母の孝養のため

    呼吸

    哲学日記

  • ブッダのことば
    2020/03/22 00:33
    ブッダのことば

    今日は、釈尊のことばを、いくつか。 ひとは「われはこれこれのものである」と考えるそのとおりのものとなる。 それと異なったものになることは、あり得ない。 (感興のことば32章33中村 元訳) 他人の過失を見るなかれ。他人のしたこととしなかったことを見るな。

    呼吸

    哲学日記

  • みんな共同錯覚世界の住人
    2020/03/22 00:33
    みんな共同錯覚世界の住人

    孤独は、すぐれた精神の持ち主の運命である (ショーペンハウアー『パレルカ-ウント-パラリポメナ』) いやあ、すぐれた精神の持ち主だけの運命じゃないだろう。 人間は誰もが孤独だ。例外はない。 孤独は、人間に生まれたものの運命だ。 ただ、すぐれた精神の持ち主は、

    呼吸

    哲学日記

  • 出家と在家
    2020/03/22 00:33
    出家と在家

     釈尊は、出家修行者用の教えと、在家信者用の教えを、区別して説いた。在家信者に、出家者の修行を薦めても、たいていは苦しみ混乱するだけで無益だと分かっていたからだ。出家者への教えと戒律は、「存在の意味」に最短距離で直結させるためのものだ。「存在の意味

    呼吸

    哲学日記

  • 人間の孤独性
    2020/03/22 00:33
    人間の孤独性

     若いころは、人生が、かほどまで孤独なものだと思わなかった。自分の周りを「そうじゃない」と錯覚させる装置が囲んでいたので。考えることが、この上なく煩わしいのはいうまでもないが、感じることだって、結局その場だけの刺激だと分かると、煩わしくなる。 むな

    呼吸

    哲学日記

  • 魂は諸悪の根源 道徳は成立せず戦争もいじめもなくならない
    2020/03/12 12:30
    魂は諸悪の根源 道徳は成立せず戦争もいじめもなくならない

     ブッダだけが事実を教えてくれる。無常と無我を教えてくれる。不死の魂(死んでも死なない自分)など無いと教えてくれる。他のあらゆる宗教はいつでも逆のことを教えている、事実に反する有害な幻想を。一方、大多数の人々は常に事実を忌嫌い、幻想を渇望し

    呼吸

    哲学日記

  • 「他人のためになる」は結果。放っておけ
    2020/03/12 12:30
    「他人のためになる」は結果。放っておけ

    「他人のためになる」ということを、みんな酷く取違えてる。自分は死んでも生きているというおもいを捨てることが最優先事項だ。死んでも生きているという妄執にとらわれている限り我があり、我がある限り自分のためにすることしかできない。我がなくなるという原因が

    呼吸

    哲学日記

  • 確認
    2020/03/12 12:30
    確認

    今ここに生きている事実に感謝し喜べる者が、最も幸福な人間だ。だから、幸福になるのは、まったく自分しだいで、じつに簡単な事なのだ。あまり簡単すぎる事は、かえって多くの人間が気づかないものだ。ただし(これが、おれの本当に言いたいことなんだが)幸福か不幸かって

    呼吸

    哲学日記

  • 鳥なき郷の蝙蝠
    2020/03/12 12:30
    鳥なき郷の蝙蝠

     ブッダが発見した 無我という真理 は、生物一般の宿命的盲点になっている。  賢愚を問わず誰もが「俺」ほど確実な実感は他にないと思いこんでるから、「俺、俺のもの」は錯覚だと言われたら「…あほか」と聞き流す。  I feel      じゃなくて  

    呼吸

    哲学日記

  • 有終完美者
    2020/03/12 12:30
    有終完美者

       すべての生きとし生ける者は、さあいよいよ死ぬというその時、例外なく極めて悲惨な有様になる。人間ならまた一層。だれ一人、有終完美者にはなれない。国王、大臣、権力者、億万長者、有名人、美人、スーパースター、学者、芸術家、武道家、苦行者、霊能者、

    呼吸

    哲学日記

  • 楽しみを求めるだけの識別能力
    2020/03/12 12:30
    楽しみを求めるだけの識別能力

     親鸞は教行信証で『大智度論』を引用して言っている。 「真実の智慧に依る」とは、その智慧はよく善悪を比較し区別するが、 識別はただつねに楽しみを求めるだけで、肝心の正しい道にはいっていかない からである。 (石田瑞麿 現代語訳) [原文] 「依智」とは、智はよ

    呼吸

    哲学日記

  • なぜ世界はいつまでたっても酷いままなのか
    2020/03/10 02:00
    なぜ世界はいつまでたっても酷いままなのか

     仏教では、よくことばを月差す指にたとえる。もし人に、月がはじめから見えなかったら月ということばは生まれないだろう。では、一人だけに月が見えて、他の誰にも月が見えなかったらどうか。月ということばは、やはり生まれない。たとえ、そのたった一人月が見えてい

    呼吸

    哲学日記

  • 配達員の感染はどうなる?北海道で今週146件を届けた初老の切実な願い
    2020/03/07 16:31
    配達員の感染はどうなる?北海道で今週146件を届けた初老の切実な願い

    いつもは倒れる寸前までいく「はぁうッ!」となった瞬間をスパッと切り取る初老都市伝説ですが 今回は「あ、えぇ?」とじわーっと1週間しみ込んで離れない思いが飛び出してしまった 【緊急事態宣言】が発動した北海道よりお伝えしております 「初めて出前取ったよ」「ほんとは店に行きたかったんだけどね」 「店に行きたいんだけどコロナ怖いから」「お店大丈夫?お客さん来てる?」 「ま、このご時世ですからね」「またのご利用お待ちしています」「ありがとうございました」 DAY :2020 2.28TIME:19:30&19:40 北海道のとある場所。 初老のお店常連さん宅に弁当を配達する初老 初老と初老の夢のコラボレ…

    merrygo001

    50代初老が低所得に転落したら日常すべては都市伝説だった件

  • 阿含経典のおしえ
    2020/03/06 07:53
    阿含経典のおしえ

    阿含経典のおしえ。「比丘たちよ、色(肉体)があるにより、色を取するにより、また、色に執著するによって、<こは我である、こは世間である、死後の我はかくあらん。常恒にして永住する変易なきものがある>と、そのような見解を起こすのである。 また、受(感覚)

    呼吸

    哲学日記

  • 悪魔の言葉とブッダの言葉……これは選択問題じゃない
    2020/03/06 07:53
    悪魔の言葉とブッダの言葉……これは選択問題じゃない

     次の言葉を人に聞かせて、感想を訊いてみる。子女ある者は子女について喜び、牛ある者は牛について喜ぶ。人間の執着するよりどころは喜びである。執着するよりどころのない人は実に喜ぶことがない。     すると、10人が10人とも、「そのとおりだと思う

    呼吸

    哲学日記

  • ネガティブ自信
    2020/03/06 07:53
    ネガティブ自信

     仏教とは、ありのままの自分を深信することだ。この「自分を深信すること」が、親鸞のように、完全に、ほとんど自虐的なまでにネガティブに自覚、表明される場合がある。以下の言葉は、その徹底ぶりによって詩に昇華している。浄土真宗に帰すれども 真実の心は

    呼吸

    哲学日記

  • 絶妙の仏教
    2020/03/06 07:53
    絶妙の仏教

     親鸞は「教行信証」で『観経義疏』を引用して、説いている。いま浄土の経典はいずれも一様に魔の障りを説かない。したがって、この教えには魔の障りがないことを、はっきり知ることができる。それに対して、禅等の自力修行は魔の因縁を持っている。 もし、聖者のさ

    呼吸

    哲学日記

  • 若い時、重い悲劇と受けとっていたことが、じつは軽い喜劇だったとわかるようになる。
    2020/03/01 00:34
    若い時、重い悲劇と受けとっていたことが、じつは軽い喜劇だったとわかるようになる。

     就活は1年中だと言われながらも、この3月は今でも就活が活発になるから、いちおう「就活シーズン」と云っていいのかな。  ほのぼのヒューマン・コメディ3本「ぼくのおじさん」「オケ老人!」「何者」続けて観た。3作3様に楽しかった。このうち「何者」についての

    呼吸

    哲学日記

  • 映画『赤い玉、』苦が苦聖諦に昇華できないとどうなるか
    2020/03/01 00:34
    映画『赤い玉、』苦が苦聖諦に昇華できないとどうなるか

         泥沼の中に居るのに1ミリも前進しない。なぜか。その自分の停滞状況に苦しむ以上に、けっこう夢中で楽しんじゃってるからだ。  つまり、四聖諦前半に始終しているのだが、そのことに対する明晰な自覚(サティ、マインドフルネス)がない。その為に

    呼吸

    哲学日記

  • あなたのベストフレンドはブッダです
    2020/02/28 01:22
    あなたのベストフレンドはブッダです

    天地達観の位には、聖人と称し仏陀と号するも、もとより人なれば、畢竟、我が講求討論の友にして、師とするものは天地なり。(三浦梅園)そりゃ、そうだ。釈尊だって「私を信じよ」とは言っていない。「師とするものは天地なり」の気概と見識は、そのまま「自灯明、法

    呼吸

    哲学日記

  • 耕治人の私小説「そうかもしれない」
    2020/02/28 01:21
    耕治人の私小説「そうかもしれない」

    耕治人の小品「そうかもしれない」を読む。この作者のことはまったく聞いたことがなかった。いい私小説だ。痴呆になった妻が、心配する夫のことを忘れてしまい、介助者に「あなたのご主人ですよ」といわれて「そうかもしれない」 と呟く。 寒々とした脱力感に

    呼吸

    哲学日記

  • 「わかった!」体験をあと一人増やすためだけに
    2020/02/28 01:21
    「わかった!」体験をあと一人増やすためだけに

    マハトマ・ガンジーの言葉。みんなが認めていても間違いが真実になることはないし、誰も認めていなくても真実が間違いになることはない。An error does not become truth by reason of multiplied propagation, nor does truth become error because nobody sees it.ガ

    呼吸

    哲学日記

  • 意味ないことを面白がって死ぬまで過ごす悪癖
    2020/02/27 00:17
    意味ないことを面白がって死ぬまで過ごす悪癖

     2020-02-19の記事  人生の目的は 1欲の奴隷(現世快楽主義)の章でこう書いた。 釈尊入滅後、やがて宗教改革が起こり、在家信者中心の大乗仏教ができた。教科書的な解説本は、例外なく「菩薩」等を賞揚し、すばらしい改革であり発展であると断定している。本当

    呼吸

    哲学日記

  • 存在の不安
    2020/02/27 00:17
    存在の不安

      不安であることは、自分が道を外れていないことの最も確かな証だ。 そう気づくこと。不安を否定する必要はない、それどころか否定してはいけないのだと気づく。不安は少しも変わらず今もあるが、それが以前のように苦痛ではなくなる。不安であることが嫌でなくな

    呼吸

    哲学日記

  • わたしは今ここで苦しいという気づき。
    2020/02/27 00:17
    わたしは今ここで苦しいという気づき。

         ブッダのエピソードにあった女の子は「明日のこと考える余裕ないんです。今日苦しんでるんです。だからそうやって、物凄く苦しみに目覚めている場合は(ブッダの智慧に触れると)一発で、さとりに達します」(上の動画スマナサーラ長老の説法から引用。

    呼吸

    哲学日記

  • 欲以外の幸福 ブッダの教え
    2020/02/27 00:17
    欲以外の幸福 ブッダの教え

    真実道を知らないで、百年生きるよりも、それを知って、一日生きるほうがよい。(現代語仏教聖典 法句抄2)道を得んと学ぶのは、戦場に臨むが如く、敗れる者もあれば、逃げ帰る者もある。討死する者もあれば、勝つ者もある。心を堅固にし、強く進んで、愚かな世評に惑

    呼吸

    哲学日記

  • 主張2
    2020/02/27 00:17
    主張2

     世間の常識はあげ底になっている。それも甚だしいあげ底だ。「人は必ず死ぬ」と聞くと「そんなことは常識だ。誰でも知っている」と答えるのがそれだ。生者必滅の理が本当に常識なら、こんなにも浅ましい世界であるはずがないのだ。存在の意味に関して、多くの人々

    呼吸

    哲学日記

  • 主張1
    2020/02/27 00:17
    主張1

     人の心はほかの何物にも勝って実がない。誰がそれを知りえようかと聖書に書いてある。(エレミア書17-9)      たいていの人間は、その何物にも勝って実がないものに頼って生きている。仏陀が良く整えられた自己こそが唯一頼れるものだと教えた

    呼吸

    哲学日記

  • 人生の目的は
    2020/02/27 00:17
    人生の目的は

      人生の目的は「存在の意味」を明らめることにあります。しかし、大多数の人々が存在の何が問題なのかさえ自覚的には知らない。実は知っているが、自覚的には知らないという厄介な状態です。 そこで実は知っていることに気づくために、人間は様々迷いながら、1

    呼吸

    哲学日記

  • これって茨城弁?”雉ぶちに行ってくる”
    2020/02/24 22:13
    これって茨城弁?”雉ぶちに行ってくる”

    私は団塊の世代であり、茨城弁を知っているつもりです。いや、「生き字引」を自負しています。書道から帰ってきた妻が「”雉うち”って知っている?」と聞きます。茨城弁では「”雉ぶち”って言うらしい」とのこと。不覚にも、私は知りませんでした。 妻が習っている書道の

    ひろ

    「いのち輝き塾」…人が輝く、企業が輝く、地球が輝く

  • 泣きたくなるが、どうしようもない
    2020/02/18 00:17
    泣きたくなるが、どうしようもない

    おれは無邪気な少年だった。老いや死は言葉としてのみかろうじて知っているだけで、その実際の恐ろしい意味は知らなかった。そしてもちろん、知らないという事実にも気づいてはいなかった。中学生のある日、芥川の晩年の作品を読んで、自分の考え方感じ方が我慢できない

    呼吸

    哲学日記

  • 遺伝子は、神か 悪魔か
    2020/02/18 00:17
    遺伝子は、神か 悪魔か

     遺伝子は、人を滅ぼすものでもあると同時に、人を生かしているものである。その偉大な能動的側面を見て「遺伝子は神だ」という者もいる。そうなると、おれはバランスをとりたくなり「遺伝子は悪魔だ」という。遺伝子のプログラムに支配され、殺し殺される修羅場を演

    呼吸

    哲学日記

  • トラブルだらけの人生で正念相続が可能なわけ
    2020/02/18 00:17
    トラブルだらけの人生で正念相続が可能なわけ

     猿のようにあちこちに飛び回る心を、サティとヴィパッサナーで自分に縛り付けておくのは、人生の最重要事項 正念相続 を守るためだ。しかし日々トラブルが絶えない四苦八苦の人生で、常に落ち着いた心を保つ正念相続など不可能ではないか? もし人生が、

    呼吸

    哲学日記

  • 修行衰退の原因
    2020/02/15 00:43
    修行衰退の原因

     河を流れる丸太に修行者を例えた、ブッダの有名な説法がある。  ターン・プッタタート パーリ三蔵より パーリ・ブッダバーシタ 相応部サラーヤタナヴァッガ 三蔵18巻23頁322項   「海まで下る丸太」(文中、スガタは「善く行った者。善逝」の意味でブッダの

    呼吸

    哲学日記

  • 大人になりたい!死ぬ前に!
    2020/02/15 00:42
    大人になりたい!死ぬ前に!

      週一のウォーキング会終了後、メンバーの一人とコーヒー飲みながらしばし空談するのが最近の恒例になっている。 Aが新聞の投書欄か何かの記事を見ながら「酒はほろ酔いで止めるのが良い。それ以上どん欲に追い求めても増える楽しみはあとわずかて書いてある。ほん

    呼吸

    哲学日記

  • 自由…か?
    2020/02/15 00:42
    自由…か?

     人間は、生れさせられ、殺される。人生は最初と最後が、100%不自由だ。では自殺者は?自分で自由に死ぬのでは?自殺は不自由だ。生きたいのに、生きることができなくなった者だけが、やむを得ず自殺する。けっして、望んで死ぬのではない。自殺者も、殺され

    呼吸

    哲学日記

  • 意識の感受性能を上げる
    2020/02/15 00:42
    意識の感受性能を上げる

      無意識の意識化、それをさらに無意識化する…これがワンサイクル。これを何度も繰り返すのが、人類の運命なのかも知れないと、ふとおもう。無意識の意識化は、困難で偉大な事業だ。しかしそれだけでは、結局どうしようもない。救いのためにはその後、意

    呼吸

    哲学日記

  • いじめと戦争は同じ根っこから発生している。どうして誰も気づかないのか?
    2020/02/15 00:42
    いじめと戦争は同じ根っこから発生している。どうして誰も気づかないのか?

      スティーヴン・キングの1974年の同名の小説を原作としており、その3度目の映画(Wikipedia)  いじめは金輪際止めろというメッセージだとおれはおもう。 いじめと戦争は同じ根っこから発生している。 この事実に無理解な人があまりにも多すぎる。 戦争

    呼吸

    哲学日記

  • 吉本隆明「良寛」
    2020/02/15 00:42
    吉本隆明「良寛」

     (吉本隆明「良寛」から引用) 親鸞の解釈の仕方によりますと人間は具体的に生きているとか死んでいるとかいうところ、つまりその人がその人であるというところでは人間は本質的な存在ではない、というのです。これを現在のいい方でいえば、人間はいつも現に存在すると

    呼吸

    哲学日記

  • あなたはパウロに現れたのに、どうして、私に現れないのか
    2020/02/13 00:14
    あなたはパウロに現れたのに、どうして、私に現れないのか

    田中小実昌『アメン父』より引用。「あなたはパウロに現れたりしたのに、どうして、私に現れないのか」と父がけんかするみたいに言っている(祈っている)のを、母はなんどか聞いたそうだ。(強調処理は私です。原文にはありません。引用終)         

    呼吸

    哲学日記

カテゴリー一覧
商用
読者になる