searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

老後を生きる THEME

help
老後を生きる
テーマ名
老後を生きる
テーマの詳細
喜ばれもせず、悲しまれもせず、風のように消えたい
テーマ投稿数
1,120件
参加メンバー
61人
管理人
こうま大輔管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「老後を生きる」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「老後を生きる シニア日記ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

老後を生きるの記事

1件〜50件

  • 泣きたくなるが、どうしようもない
    2020/02/18 00:17
    泣きたくなるが、どうしようもない

    おれは無邪気な少年だった。老いや死は言葉としてのみかろうじて知っているだけで、その実際の恐ろしい意味は知らなかった。そしてもちろん、知らないという事実にも気づいてはいなかった。中学生のある日、芥川の晩年の作品を読んで、自分の考え方感じ方が我慢できない

    呼吸

    哲学日記

  • 遺伝子は、神か 悪魔か
    2020/02/18 00:17
    遺伝子は、神か 悪魔か

     遺伝子は、人を滅ぼすものでもあると同時に、人を生かしているものである。その偉大な能動的側面を見て「遺伝子は神だ」という者もいる。そうなると、おれはバランスをとりたくなり「遺伝子は悪魔だ」という。遺伝子のプログラムに支配され、殺し殺される修羅場を演

    呼吸

    哲学日記

  • トラブルだらけの人生で正念相続が可能なわけ
    2020/02/18 00:17
    トラブルだらけの人生で正念相続が可能なわけ

     猿のようにあちこちに飛び回る心を、サティとヴィパッサナーで自分に縛り付けておくのは、人生の最重要事項 正念相続 を守るためだ。しかし日々トラブルが絶えない四苦八苦の人生で、常に落ち着いた心を保つ正念相続など不可能ではないか? もし人生が、

    呼吸

    哲学日記

  • 修行衰退の原因
    2020/02/15 00:43
    修行衰退の原因

     河を流れる丸太に修行者を例えた、ブッダの有名な説法がある。  ターン・プッタタート パーリ三蔵より パーリ・ブッダバーシタ 相応部サラーヤタナヴァッガ 三蔵18巻23頁322項   「海まで下る丸太」(文中、スガタは「善く行った者。善逝」の意味でブッダの

    呼吸

    哲学日記

  • 大人になりたい!死ぬ前に!
    2020/02/15 00:42
    大人になりたい!死ぬ前に!

      週一のウォーキング会終了後、メンバーの一人とコーヒー飲みながらしばし空談するのが最近の恒例になっている。 Aが新聞の投書欄か何かの記事を見ながら「酒はほろ酔いで止めるのが良い。それ以上どん欲に追い求めても増える楽しみはあとわずかて書いてある。ほん

    呼吸

    哲学日記

  • 自由…か?
    2020/02/15 00:42
    自由…か?

     人間は、生れさせられ、殺される。人生は最初と最後が、100%不自由だ。では自殺者は?自分で自由に死ぬのでは?自殺は不自由だ。生きたいのに、生きることができなくなった者だけが、やむを得ず自殺する。けっして、望んで死ぬのではない。自殺者も、殺され

    呼吸

    哲学日記

  • 意識の感受性能を上げる
    2020/02/15 00:42
    意識の感受性能を上げる

      無意識の意識化、それをさらに無意識化する…これがワンサイクル。これを何度も繰り返すのが、人類の運命なのかも知れないと、ふとおもう。無意識の意識化は、困難で偉大な事業だ。しかしそれだけでは、結局どうしようもない。救いのためにはその後、意

    呼吸

    哲学日記

  • いじめと戦争は同じ根っこから発生している。どうして誰も気づかないのか?
    2020/02/15 00:42
    いじめと戦争は同じ根っこから発生している。どうして誰も気づかないのか?

      スティーヴン・キングの1974年の同名の小説を原作としており、その3度目の映画(Wikipedia)  いじめは金輪際止めろというメッセージだとおれはおもう。 いじめと戦争は同じ根っこから発生している。 この事実に無理解な人があまりにも多すぎる。 戦争

    呼吸

    哲学日記

  • 吉本隆明「良寛」
    2020/02/15 00:42
    吉本隆明「良寛」

     (吉本隆明「良寛」から引用) 親鸞の解釈の仕方によりますと人間は具体的に生きているとか死んでいるとかいうところ、つまりその人がその人であるというところでは人間は本質的な存在ではない、というのです。これを現在のいい方でいえば、人間はいつも現に存在すると

    呼吸

    哲学日記

  • あなたはパウロに現れたのに、どうして、私に現れないのか
    2020/02/13 00:14
    あなたはパウロに現れたのに、どうして、私に現れないのか

    田中小実昌『アメン父』より引用。「あなたはパウロに現れたりしたのに、どうして、私に現れないのか」と父がけんかするみたいに言っている(祈っている)のを、母はなんどか聞いたそうだ。(強調処理は私です。原文にはありません。引用終)         

    呼吸

    哲学日記

  • 絶望はあたりまえ
    2020/02/13 00:14
    絶望はあたりまえ

        人間は、まともに生きている限り、いっさいの希望を持てなくなるときが来るのはあたりまえだ。絶望は必ず来る、自分を麻痺させない限り。絶望したからニヒリズムに陥るというのは甘えである。                  (おま

    呼吸

    哲学日記

  • 八正道
    2020/02/13 00:14
    八正道

     八正道のポイントは『正』の意味にある。正しいとは、なにかってことだ。正=自己に執着しない。だと、おれはおもう。すると、八正道はこうなる。正見ものごとを、自己に執着しないで見ること。正思ものごとを、自己に執着しないで考えること。正語ウソをつか

    呼吸

    哲学日記

  • ショーペンハウアー 編修4
    2020/02/13 00:13
    ショーペンハウアー 編修4

     「意志の自由のままに応じて、ここの客観はそもそも存在しないということもあり得てくるだろうし、また根源的に、本質的に、それがぜんぜん別の客観になるということだってあり得ることかもしれない。さらにまた、その客観が一つの環としてつながれている連鎖の全体を考え

    呼吸

    哲学日記

  • ショーペンハウアー 編修3
    2020/02/13 00:13
    ショーペンハウアー 編修3

    『(盲目の)意志』は無明だ!  ショーペンハウアーを読んで、初めて釈尊の説く無明が分かった気がした。   無明が単なる無知であるはずがない。それでは、現にある人間と世界が、現にあるようには理解できないからだ。   自分にとっては、興奮する発

    呼吸

    哲学日記

  • ショーペンハウアー 編修2
    2020/02/09 00:57
    ショーペンハウアー 編修2

         誰でも自分自身にとっていちばんよいもの、いちばん大事なものは自分自身であり、いちばんよいこと、いちばん大事なことをしてくれるのも自分自身である。(ショーペンハウアー「幸福について」橋本 文夫訳)        先入観に染まった多く

    呼吸

    哲学日記

  • ショーペンハウアー 編修1
    2020/02/09 00:57
    ショーペンハウアー 編修1

    国家というものは、理性を具備したエゴイズムがエゴイズムそのものに降りかかってくるそれ自身の悪い諸結果を回避しようとするための手段である。(「意志と表象としての世界・正編」第六十二節。西尾幹二訳・中央公論社。以下 62 と表記する) 刑法の法典とは、可能

    呼吸

    哲学日記

  • 人生には「今」しかない。ところで「今」って?
    2020/02/09 00:57
    人生には「今」しかない。ところで「今」って?

        エックハルト・トールは集まって椅子に座っている聴衆一人一人に言葉で示す。 あなたの人生の真の目的は 「ここに座っていること」 です。と  人生の目的は、未来じゃない。まして過去でもない。        みんな「今」くらい知

    呼吸

    哲学日記

  • 満島ひかり主演『海辺の生と死』
    2020/02/09 00:57
    満島ひかり主演『海辺の生と死』

     ついていけないでしょうか たとえこの身がこわれても 取り乱したりいたしません    過去ブログで、二階堂ふみ主演『この国の空』を観て書いたのと同じことをおもった。 これは反戦映画にはなっていない。しかし面白かった。と。 その理由も同じだ。 た

    呼吸

    哲学日記

  • うまくいかなくても止めずにそれをヴィパッサナーし続ける
    2020/02/09 00:57
    うまくいかなくても止めずにそれをヴィパッサナーし続ける

     実行者の大半が、まともに3分すら続かないヴィパッサナー実践について。 よくいわれることだが、昔の人が木をこすって火をおこす要領でやる必要がある。やるなら完全に燃え上がるまで一気にやらないと結果は出ない。ちょっと煙が出たくらいで休むなら何度や

    呼吸

    哲学日記

  • 坐禅で沈思黙考はNG
    2020/02/03 01:42
    坐禅で沈思黙考はNG

     テレビを見てたら、沈思黙考の反対は無念無想だと言っている。一方で辞書によると沈思黙考の類語に瞑想が入っている。坐禅は無念無想だが、一方で坐禅は瞑想だとされている。すると沈思黙考≒瞑想≒坐禅≒無念無想だから、沈思黙考≒無念無想になる。反対がほとんど

    呼吸

    哲学日記

  • 俺妄想俺のもの妄想で狂ってる人達がポカンとなる話 映画「7年間」
    2020/02/03 01:42
    俺妄想俺のもの妄想で狂ってる人達がポカンとなる話 映画「7年間」

    【ストーリー】より引用。2016年スペイン製作、Netflixで配信。罪を犯した仕事のパートナー4人が、刑務所に行く1人を選ぶために話し合いをする中で、激しくも醜くヒートアップする姿を描いたワンシチュエーション・サスペンス。監督は、ロヘル・グアル。ある休日の土曜

    呼吸

    哲学日記

  • 日本人が繰り返し嵌りこむドツボ
    2020/01/31 05:46
    日本人が繰り返し嵌りこむドツボ

    (仏説無量寿経巻下より引用)世人、薄俗にして共に不急の事を諍あらそう。(引用終) 沈むタイタニック号の中で、いつも通り椅子を綺麗に並べて、我が事成れりと満足している乗員のような人間が多い。ホールに1ミリの狂いなく椅子を整然と並べることに心血を注ぐが

    呼吸

    哲学日記

  • ブッダのことばスッタニパータ4  中村 元訳(岩波文庫)
    2020/01/31 05:46
    ブッダのことばスッタニパータ4  中村 元訳(岩波文庫)

      生きものを(みずから)害してはならぬ。また(他人をして)殺さしめてはならぬ。また他の人々が殺害するのを容認してはならぬ。世の中の強剛な、また怯えているすべての生きものに対する暴力を蔵めて──。次に教えを聞く人は、与えられていないものは、何ものであ

    呼吸

    哲学日記

  • ブッダのことばスッタニパータ3 中村 元訳(岩波文庫)
    2020/01/31 05:46
    ブッダのことばスッタニパータ3 中村 元訳(岩波文庫)

      <ブッダのことば 第三 大いなる章二、つとめはげむこと 中村 元訳>425 ネーランジャラー河の畔にあって、安穏を得るために、つとめはげみ専心し、努力して瞑想していたわたくしに、426 (悪魔)ナムチはいたわりのことばを発しつつ近づいて来ていった。「あ

    呼吸

    哲学日記

  • ブッダのことばスッタニパータ2  中村 元訳(岩波文庫)
    2020/01/25 03:04
    ブッダのことばスッタニパータ2  中村 元訳(岩波文庫)

      全世界のうちで内面的にも外面的にも諸々の感官を修養し、この世とかの世とを厭い離れ、身を修めて、死ぬ時の到来を願っている人、──かれは(自己を制した人)である。(ブッダのことばスッタニパータ516  中村 元訳より引用終)最初の一句 内面的にも外

    呼吸

    哲学日記

  • ブッダのことば スッタニパータ1 中村 元訳(岩波文庫)
    2020/01/25 03:04
    ブッダのことば スッタニパータ1 中村 元訳(岩波文庫)

       あたかも、母が己が独り子を身命を賭しても護るように、そのように一切の生きとし生けるものどもに対しても、無量の(慈しみの)こころを起こすべし。……立ちつつも歩みつつも座しつつも臥しつつも、眠らないでいる限りは、この(慈しみの)心づかいを確っかり

    呼吸

    哲学日記

  • 迷信に身を任せて安楽…グロテスクな生き方
    2020/01/23 09:53
    迷信に身を任せて安楽…グロテスクな生き方

    お守りは不安の泉~理性を育むと迷信は消える~スマナサーラ長老法話より…人が迷信に頼ることは、これからもなくならないと思います。皆、将来は不安です。これから先、どうなるのかわからないのです。受験しても合格できるか、商売しても繁盛するか、今健康だからといっ

    呼吸

    哲学日記

  • 悟りたいという慢心を活用する
    2020/01/22 01:09
    悟りたいという慢心を活用する

     おれが子供のころ♪勝あつとおもうな~おもえば、負けよ~♪という歌が流行っていた。勝ちたいという欲を出すと負ける、という考えだ。       ところが最近は、これが逆になって、現場では自分が勝った姿を頭の中で何度も思い描く「イメージト

    呼吸

    哲学日記

  • 王に点を付けて玉にし、その玉にさらに点を付け意味不明にする
    2020/01/21 00:24
    王に点を付けて玉にし、その玉にさらに点を付け意味不明にする

    マハーシサヤドーと現代のヴィパッサナー瞑想法pdf 「質問15」より引用させていただきます。 gacchanto vaa 歩いているときはgacchamøti 歩いているとpajaanaati 知る。歩いているときは歩いていると知らなければなりません。これだけです。歩いているときに歩いて

    呼吸

    哲学日記

  • 身命を惜しまぬ修行は、苦行ではなく、中道だ。
    2020/01/20 09:15
    身命を惜しまぬ修行は、苦行ではなく、中道だ。

     ゴータマ・シッダルタ(後の釈尊)は釈迦族の王子として生まれたが、29歳の時、すべてを捨てて出家した。 以来、ウルベーラの森ですさまじい断食や苦行の生活を続けること六年におよび、骨と皮だけに痩せ衰えたが、結果は悲惨であった。苦行は、結局、道を全(まっ

    呼吸

    哲学日記

  • あの悪夢が二度と現実になりませんように。
    2020/01/19 00:10
    あの悪夢が二度と現実になりませんように。

     おれは、この前の戦争の記録を見て、大勢の著名な仏教者の戦争中の発言を知り非常に驚いた体験がある。日本という小さなグループへの滅私奉公を説いている。この公が会社や国家に対する無私に過ぎず、実際には公でさえない。自己が曖昧だと公も曖昧になり、会社ごときを

    呼吸

    哲学日記

  • 実写版「ハイジ アルプスの物語」
    2020/01/19 00:09
    実写版「ハイジ アルプスの物語」

      おれは日本のアニメでは、昔から「アルプスの少女ハイジ」を偏愛してる。 だから実写版「ハイジ 」も見る気になった。 この物語に悪人は一人も出てこない。        ほんとに悪人は出てないか?  デーテ叔母さんは、ハイジを自分の都合で

    呼吸

    哲学日記

  • 究極のボケ防止は解脱、真の幸福も解脱のみにある
    2020/01/17 07:44
    究極のボケ防止は解脱、真の幸福も解脱のみにある

    ブッダヴァチャナによるブッダの伝記「八十年、いまだ呆けず」中部ムーラバンナーサ 12巻163頁192項より引用。 ブッダの言葉です。 サーリプッタ。「この人がまだ若く、真っ黒な髪をして、若さが溢れている間は鋭く敏捷な智慧がありますが、この人が老いて群れの長に

    呼吸

    哲学日記

  • 自分の宗教を愛していても他宗教を尊敬せよ
    2020/01/17 07:44
    自分の宗教を愛していても他宗教を尊敬せよ

    「マザーテレサ 日々の言葉 いなます みかこ訳」9月3日のことばより引用します(青文字部分) この世界における核弾頭の存在は国家間に恐怖と不信を引き起こしています。 という切迫した状況下で真に恥ずべきは、宗教間でいつまでも咎めあって分裂していることだ。宗教

    呼吸

    哲学日記

  • ブッダの最高の智慧「無執着」を得るために、何をすればいいか
    2020/01/15 02:18
    ブッダの最高の智慧「無執着」を得るために、何をすればいいか

     アメリカで流行ってるというので日本でも火がついたマインドフルネスブームも、予想通り今ではすっかり下火になったようだ。実のところ大多数の者がマインドフルネス瞑想を5分とまともに続けられないのだから当然の結果だ。  マインドフルネス瞑想は、安定するま

    呼吸

    哲学日記

  • 眠りたいとおもうと眠れなくなる←に働く一般法則。
    2020/01/15 02:18
    眠りたいとおもうと眠れなくなる←に働く一般法則。

     今0時過ぎで、明日早朝から仕事があるとする。一刻も早く眠りたいのだが、そう思えば思うほど目がさえてくる。眠ることに集中する努力が、かえって眠りを妨げてしまう。ところが、いますぐ眠りたいという執着から心が離れると、いともたやすく自然に眠りに入ることが

    呼吸

    哲学日記

  • 親鸞「廻心は一度切」と道元の批判の関係
    2020/01/15 02:18
    親鸞「廻心は一度切」と道元の批判の関係

     他力信仰者に一発菩提心を百千万発するなり(昨日の記事)の教えは必要がない。   そのことは絶対神信仰構造に最初から分離できない形で含まれているからだ。    だから親鸞は安心して廻心といふことただひとたびあるべしと説くことができた。 

    呼吸

    哲学日記

  • あたりまえすぎることはかえってわからない。
    2020/01/15 02:18
    あたりまえすぎることはかえってわからない。

    (釈尊は言われた)(現代語仏教聖典 釈尊編 11章3節)より引用します。道に達するのは容易ではない。然(しか)し道を得なければ、一層苦である。この世に生まれた者は、必ず病み、老い、且つ死する。苦には限りがない。罪をつくって、生死を繰り返す。その苦し

    呼吸

    哲学日記

  • アスパラ、ピーマン肉適当巻天ぷら
    2020/01/11 00:57
    アスパラ、ピーマン肉適当巻天ぷら

     豚小間切肉に昆布出汁醤油とからしで下味付け、天ぷらにした。肉の天ぷらはおれの好物なのだ。アスパラ、ピーマンも用意した。揚げたてを台所ですぐ食べてるので文句なく美味しいが、別々に揚げるのが面倒になってきた。 アスパラとピーマンに肉を適当に巻き付けて一

    呼吸

    哲学日記

  • 布施は大小関係なし。まごころ で行うか そうでないか だけ
    2020/01/10 00:41
    布施は大小関係なし。まごころ で行うか そうでないか だけ

    (釈尊が布施の功徳を語られた)(現代語仏教聖典 釈尊編 第六章第一節)より引用します。 世によく『私には他(ひと)に施(ほどこ)す財(もの)がない』という者がある。然(しか)し、それはその人に財がないのではなく、真実(まごころ)がないのである。どんな貧乏人であ

    呼吸

    哲学日記

  • サティがないと嘘の連鎖増殖が始まる
    2020/01/10 00:41
    サティがないと嘘の連鎖増殖が始まる

      あることを、ほんとはやりたくないけどやらざるを得ないところまで追い詰められ仕方なくやる。これ自体は誰にでもよくあることで、まあ善いも悪いもない。しかし弱い人間は、これきっかけで 嘘の増殖世界 へ落ちる恐れがある。   「これは自分

    呼吸

    哲学日記

  • 髪が途中で切れてる。。。。。( ゚Д゚)
    2020/01/09 19:25
    髪が途中で切れてる。。。。。( ゚Д゚)

    年の暮れにふと。。。気がつきましたよ。あれっ?髪が!!!途中で切れてるよ。。。。(>_...

    みんみん

    ミンミンのお散歩

  • 円熟のスマナサーラ長老法話
    2020/01/08 00:45
    円熟のスマナサーラ長老法話

     スマナサーラ長老の法話はどれも素晴らしいし、最初から最高に素晴らしかったのだが、それでも最近の法話は円熟という感じがする。究極の真理を究極の解りやすさで説いてくれている。 [法話(青字部分が長老のことばです)] 誰でも「私」という実感がありますね。こ

    呼吸

    哲学日記

  • 澤木老師のカウンターパンチ
    2020/01/08 00:45
    澤木老師のカウンターパンチ

     サトリとは損すること。マヨイとは得すること。(禅に聞け 澤木興道老師の言葉 櫛谷 宗則編) 初めて聞いたときは「そんなばかな」と思ったが、これが存外当たってるわ。 大多数の人は、真理である無常も無我も、理解することを恐れ、嫌悪し、無視してい

    呼吸

    哲学日記

  • 映画『アフター・アース』
    2020/01/05 00:11
    映画『アフター・アース』

       映画『アフター・アース』予告編      見習いレンジャーの主人公キタイに、父でありレンジャー最高司令官でもあるサイファが語りかける。恐怖はまやかし、実在しない。恐怖がはびこる場所はたった一つだ。それは未来をおもう私たちの心。恐怖を生

    呼吸

    哲学日記

  • 正月休みは呼吸瞑想「死ぬ前に死んでしまう」
    2020/01/04 00:15
    正月休みは呼吸瞑想「死ぬ前に死んでしまう」

     おれは世捨てられ人で、正月休みはほぼ用事無訪問者無なので、可能な限り朝からずっと(長く息を吐いた)(長く息を吸った)と呼吸瞑想に専念している。   ターン・プッタタート の法施図書室ターン・プッタタート講義、あるいは法話から引用させていただきま

    呼吸

    哲学日記

  • 不思議な平安。「他人=もう一人の自分」体験
    2020/01/03 02:43
    不思議な平安。「他人=もう一人の自分」体験

     もう40年以上昔になるが、まだ坐禅したことも瞑想したことなく、ヴィパッサナーという言葉さえ聞いたこともなかった頃、おれはおもいきり奇妙な体験をしたことがある。 それを過去記事で …人生の問題で非常に煩悶していて、それが限界に達した時、突然「自分は死ぬ

    呼吸

    哲学日記

  • 死には「正反対」と言える二つの意味があり、ほとんどの人たちは否定的な方の意味だけしか見えてない
    2020/01/02 09:56
    死には「正反対」と言える二つの意味があり、ほとんどの人たちは否定的な方の意味だけしか見えてない

    ターン・プッタタート法話「どうしたら死に見つからないか」より引用します。   今世界には平和がなく、ますます平和が無くなっているのは、世界の人がこれに興味がなく、そして「俺が死ぬ」死を望まないので、益々ひどい欲情の奴隷になり、ますます自分があるように

    呼吸

    哲学日記

  • 苦聖諦の理解に関して迂闊でない人
    2020/01/01 02:08
    苦聖諦の理解に関して迂闊でない人

     一休さんが元旦を詠った有名な短歌 門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし     (スマナサーラ長老著「死」は幸福のキーワード: 「死隨念」のススメ より引用させていただきます) 世の中では、「死」というと何か不吉なもの、恐いもの、

    呼吸

    哲学日記

  • 映画「ザ・タンク」【吹替版】 監禁アナロジー話
    2019/12/31 10:43
    映画「ザ・タンク」【吹替版】 監禁アナロジー話

      いまGYAO!でザ・タンク 【吹替版】が2020年1月12日(日) まで無料配信中です。 GYAO!タイトル情報より。火星探査訓練のため、南極に置かれたタンクでたった6人きりで過ごすことになった宇宙飛行士たち。心身ともに強いはずの6人だったが、471日間の任務を遂行する

    呼吸

    哲学日記

カテゴリー一覧
商用