折りたく柴の記

  • トラコミュとは?
折りたく柴の記
5代将軍家宣に仕えた高名な学者、新井白石の自叙伝名を借用。少し厚かましすぎるが、新井白石の父は長い浪人生活していて、その父が狭庭で枯れ木を折りながら焚き火をしていた姿を題名にしたと聞いている。そこに父の浪人生活への感謝と尊敬といたわりを込めて見ている白石の思いが伝わってきて、深い感慨を覚える題名で大好きな言葉である。残念ながらまたこの本を読んだことはない。ただ藤沢周平が書いた「市塵」は2回読んだ。読後感に「希代の博学であったが、それにとらわれず、時代を感じつつ家宣の信念に従って果敢に改革を貫いた姿が尊い」と書いている。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

このトラコミュに参加してみませんか?

トラコミュに参加してみませんか?

プロフィール画像を登録し、トラコミュにトラックバックすることで参加メンバーとして表示されます。

プロフィール画像の登録はこちらから

関連トラコミュ

  •  
神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会中年の今想う事語れる事パワーストーンが大好き!
神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会中年の今想う事語れる事パワーストーンが大好き!
シニア・中高年日記シニア女性 この指止まって♪50代を考え暮らす
シニア・中高年日記シニア女性 この指止まって♪50代を考え暮らす

新しく参加したメンバー

  •  

折りたく柴の記トラコミュについて

  •